上場支援のコンサルについての情報が満載です!

このサイトでは、上場支援のコンサルがどういうことをしてくれるのかを説明していきます。
上場を目指す企業にとって、本当に利用する必要があるのか、支援してもらうことで上場する上でどんなメリットがあり、何が変わってくるのか。
サポートをしてもらう場合の実際の流れ、どれくらい費用がかかるのかといった基本的なところから支援内容までを詳細に紹介します。
このサイトを読めば、上場するにあたってのモヤモヤはスッキリと晴れるハズです。

上場支援のコンサルはどういうことをしてくれるのか

上場支援のコンサルはどういうことをしてくれるのか 上場を目指す。
そうは言っても一体何をすればいいのでしょうか。
売り上げ目標をクリアする、あるいは社員数を増やせす…。
目指すことが会社にとって大きなメリットにつながることはなんとなくわかっていても、そのために何をすべきかを理解している企業が少ないのが実状です。
まず認識しておくべきは、上場企業は「選ばれし企業」ということです。
約400万社といわれる企業のうち、上場企業はわずか0.1%といわれています。
それだけ審査が厳しいということです。
その意味では何をすべきか分からないのも当然といえるでしょう。
だからこそ、難関を突破するためには上場支援に精通する会社を利用するのが望ましいといえます。
加えて企業を上場に導いた経験のある上場支援のコンサルタントに助言をもらうことは、上場への一歩として非常に価値のあるものといえるのです。

上場支援を依頼できるコンサルの種類と違い

上場支援を依頼できるコンサルの種類と違い 企業を大きくしていくにあたって、考えたいのが上場です。
株式会社のステイタスとして、上場していることは大きなアドバンテージとなります。
そんな時に頼りになるのが上場支援を依頼できるコンサルの存在です。
上場支援が依頼できるコンサルは、大きく分けて証券会社系と会計士系に分かれます。
証券会社系は手続きに対して詳しいため、取引所などの審査対応には詳しく対応してくれます。
会計士系は会社の内部に関することが専門なので、決算開示体制の構築や内部統制の整備などが得意分野です。
実際に必要な書類を作成するような実務についてもサポートしてもらえます。
両者は得意分野が異なるため、どちらかに頼むと言うよりは必要に応じて依頼先を変えることが適当と言えます。
例えば会計士系で構築した体制によって、取引所などの審査対応のアドバイスを証券会社系のサポートを受けるようなやり方です。
このような手続きは、わからないまま進めても手間が増えてしまいます。
コストパフォーマンスを重視するのであれば、万全を尽くした方が良いでしょう。
一番いけないのはわかったつもりで進めることです。
後で足りない資料や不十分な体制だった場合には、それだけ時間とコストが余計にかかります。

上場支援のコンサルに関する情報サイト

上場支援

新着情報

◎2020/5/27

支援コンサルのサポートの流れ
の情報を更新しました。

◎2020/05/15

サイト公開しました

「支援 コンサル」
に関連するツイート
Twitter

コンサル業界ニュース デロイト トーマツとグローバルヘルスコンサルティング 【ファイナンス×医療ビッグデータ】分野で協業 地域医療の課題解決に向け、政策提言から病院経営支援、経営承継や再編などのファイナンシャルアドバイザリーサービスまで一気通貫に対応 bit.ly/39VxZ68

Twitter三石真司@コンサルキャリアと成功論(経営者×ヘッドハンター視点で発信)@shinji_mitsuish

返信 リツイート 35分前

ぶっちゃけ光熱費をしばらく国負担にして家にいさせて、GO TO EATでテイクアウトや宅配推奨にして、Uber Eatsなどの宅配とのマッチングや事業コンサル、タブレット等の投資支援などをするといいと思うがね。 自治体が人を動かさないためにカネが必要なのに、国が逆に逆にカネを使う泥沼。 #ひるおび

Twitter(takaships>♪( ´θ`)ノ@abepyon

返信 リツイート 47分前

うーん、飲み友達関連で、うちをコンサルに仕立て上げようとしてる人が居てる・・・ ありがたい事なので、ちょっと乗っかって申請書作成の支援実績作っていこう(笑)

経産省系の競争性補助金の支援機関は、商工会議所、地域の金融機関、一部の税理士やコンサルです。 補聴器販売店、兼業店の方は、絶対に販売店協会、工業会、メーカーに働きかけない方がいいです。 最悪の場合、補聴器業界まるごと申請拒否されます。

Twitter補聴器専門家 大塚祥仁@mimi_otsuka

返信 リツイート 12:04

【無償コンサルサービス 】企業内に閉じ込められている「人知識」を社会に還元・共有し、NPO団体を支援し、日本全体を元気にしていく活動をおこなっています。| プロボネット有限責任事業組合 npo-sc.org/ncolle/2016/03…

TwitterNコレ! - NPO支援コレクション@npocolle

返信 リツイート 11:56

・文系大卒 経営情報論専攻 ・30歳手前までSIで基幹SE ・人材業界へキャリアチェンジ ・ミドルハイクラスのIT人材転職支援 ・得意 SI業界の負の共感 ◎重要 SIerへの転職は転職先のコアスキルとの相性が大切 SI→社内SE転職は年収下がりがち 未経験コンサルの年収upはケースバイケース よろしゅう!

Twitterfee@人材会社勤務@NF386

返信 リツイート 11:25

農業系のコンサルや日本政策金融公庫などもありますね。 生産そのものではなく、支援するという立ち位置になります。

100匹目の猿現象。昨晩の【「家族会議支援」徹底解説セミナー】に参加された60歳の行政書士さん(登録15年)はつい2週間ほど前にこのセミナーを知りすぐに申し込まれた。聞くと数ヶ月前から8月に相続コンサル事務所を立上げる準備中で「家族会議支援」をサービスメニューに入れる予定だったらしい↓

Twitterむねお所長【相続マーケティング研究所】@marketingmuneo

返信 リツイート 10:21

不景気に好調になるビジネス。 さすがリクルートと思うのは、グループにリストラや再就職を支援する会社があって不景気になると調子が良くなる。 同じ業界内で不景気に生まれるニーズもある。 例えば、コンサルという領域でも、売上を伸ばすニーズは減るけど、コスト削減や助成金のニーズは増える

Twitter安田和秀@台湾起業@qoooqilha

返信 リツイート 9:27

UTマネージメントは、福祉事業の新規参入、立ち上げに必要な全ての支援と、立ち上げ後の顧問等を行っております。 #阪南市 #コンサル #福祉事業 #立ち上げ 詳細、お問合せは下記にてお願いします。 ↓ ut-m.com

TwitterUTマネージメント@UTm_sns

返信 リツイート 8:01